FC2ブログ
list スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 |
list ブレイブストーリー
映画何か見たいなーとビデオ屋をうろついてたら
丁度貸し出し開始したっぽい
『ブレイブストーリー』を見ました。


以下、ネタバレ感想。
たぶん酷評っぽくなります。
ので、ファンの人やネタバレ嫌いな人は見ないでね。
作品の雰囲気は嫌いじゃないです。
絵のクオリティだったりとかも。
ほのぼのした作品なんで、酷い事を言うのに気がひけますが…


この作品は「作品」である事を放棄してるように感じた。
なんだろうこの感じ。
作りこもうとしてるんだけど、中身スッカスカな感じ。

ライトノベルか何かが原作らしいですが
たぶん、原作は密度の高い「作品」なんだと思う。
だから『ブレイブストーリー』を否定はしないですが
この映画は微妙でした。


最初は「主人公の声、もうちょっと男っぽければなぁ…」と思って見てたんですが
他の声優もなんかヘタクソ…。脇役にいたるまで。
いや、ヘタクソというより、合って無い。そして+ヘタクソ。

そしてエンドロールで納得。
芸能人ばっかり。
これがハッキリ言って大嫌いです。
芸能人を使う事は別に悪いとは言いませんが
に、しても酷い。
これだけの最悪の声入れをさせて
「こんなんじゃ作る意味がない」と思わなかったのかと思う。

芸能人を使うにしても
納得した形で使って欲しい。
これじゃただの話題作りとしか思えない。
「松たか子の声がどうしても欲しい!」と思って起用したんじゃないですよねきっと。
「ウエンツの声がどうしても欲しい!」と思って期用したんじゃないと思う。
単純な話題作りですよね?


作品としては
最初に言ったけれど
原作は面白いんだろうな。という感じはした。
きっと原作ファンがガッカリしてると思う。

仲間との旅の過程がさらっと流されて
それなのに「仲間が大切なんだ!」って言われても
え?そこまで??としか思えません。
もっと仲間を描いて欲しかった。ああいう終わり方ならね。

何の感情移入も出来ませんでした。
これがTVアニメなら大丈夫だったのかも。
でも映画だからなぁ…。
元々映画にするのは無理な作品なんじゃないかな。

RPGゲームかTVアニメが妥当かと思う。
作品内容としては、思いっきりRPGでしたよね。
それも典型も典型。
長い過程があってこその「感動的なエンディング」って感じです。
RPGだからね。


「仲間」を感じなかったというのと
もう一つ。これが最悪。

最後の最後。オチが不満。
何それ?と思いました。

『友達が生き返っちゃう(しかも妹まで)』って…。
それってどうなの??
ほんとーーーーーに子供向けなんだコレ。と思わされました。

ビジョン(RPG世界)を救うのが願いです!
と願う前提として
「友人、家族を諦めるかどうかの葛藤。その末の決断」があったからこそ
仮想世界を救う意味があったんじゃないのかな。
結局、作った人は自分の作品を自分で否定しちゃってる。


この展開もまた典型なんですけどね。
自分の願いを捨てる代わりに他人を助けたい!
その結果、自己犠牲を認められて自分の願いもかなう。

簡単に言えばご都合主義。
すばらしいハッピーエンドですね。

でもそれって「作品」を放棄してますよね。
なんのためのストーリーだったのかと思います。
全部台無しです。
私の感性の中の話ですけどね。
たぶん理解されにくいと思う。

でも、「それをやったらダメじゃん」っていう物は
ストーリーを作る上で絶対にあると思うんですよ。
例えば夢オチだったり。
「え?なにそれ?」と、見てる人の見た時間や楽しさを奪う行為。

何度か経験がありますが、凄くガッカリします。
こんなのがまかり通る世界なんだ…。と。
じゃあ今まで自分が見てきたのは?無駄じゃないですか。と思うんです。

言ってる意味がわかりにくいな…。
全然無駄じゃないし、過程があってこその結果だと思うんですけど
結果を奪われちゃうと過程も無くなったように感じるんですよね…。


そしてこの結果を取ると
自分の作品を放棄しちゃってる事と同義だと思います。
ハッキリ言ってこのオチは楽です。
だって今までも何度も使われて感動物の終わりとしては最適だものね。
ぴったり綺麗にシメる事が出来ます。
だから楽。

でもそれってやっちゃいけない。
楽だからってそれを使うと、それは自分の作品じゃなくなりますよ。
それは「今まで誰もが使ってきたオチの作品」なんです。
面白いわけがないです。
それが物語として破綻してたら尚更です。


この作品の監督?原作者?脚本家?
誰かはわかりませんが、物を作る人間として最悪な事をしたと思います。
「自分にとって最悪な事」ですね。



とにかく、私は楽しめませんでした。
10評価中2点くらいかな。
自分の甘い甘い評価の中で結構低いです。
間違っても他人に薦める事は無いでしょう。

見る前は期待してたのになぁ…。
期待してただけに余計残念。



蛇足だけど、この映画を作った会社は
「P2Pがあるから全然売れないじゃないか!!」と言っているらしい。

そりゃないんじゃない?
自分の作った作品をもう一度見てみなさい。
どのくらい売れてるか分からないけど、妥当だと思うよ。
むしろこれがジブリ作品並に売れたらアニメ業界は終わってるでしょう。
宣伝すれば売れるんだ。って事でね。
そういう意味では、まだ世間は見る目があるんだと安心出来る。

この、自分の作った物を俯瞰で見れない所とか
過剰な自信。他への責任転嫁を見ると
やっぱ1点くらいかもしれない…。
この会社あってこの作品あり?かな?

スポンサーサイト
【2006/11/28 02:59】 長文 | track back(0) | comment(2) |
<< うちさま | ホーム | サモナイ>>
comments
list
こういうものを企画としてとらえるタイプと、作品としてとらえるタイプがありますね。
どちらか片方が欠けると商業的に成功しない。ジブリでもゲドは「企画」寄りだったのですが、企画屋の鈴木さんは成功ととらえてるのかな?
ゲーム会社でもそうですね。
ただ、テレビ業界は企画9作品1くらいで、漫画は企画2作品8くらいと業種によって重みが違うとか、なかなか面白いです。
【2006/11/29 02:37】 URL | 箱世界 #-[ 編集] |
list
確かに、結局売れなければどうしようもないってのが大きいでしょうね。
作品を作るのは収益を出すためですからね。
その中でどう面白い物を作るか、というのが腕の見せどころなんでしょう。きっと。

ゲドも酷かったですが、あれは成功なのかぁ…。
あれを、監督が成功と見た場合
その監督はもう監督をやめた方がいいように思いますね。
他の人が成功と思う分にはいいですが。
【2006/11/29 21:16】 URL | なす #JalddpaA[ 編集] |
please comment













管理人のみ

trackback
trackback url
http://sessatakuma.blog31.fc2.com/tb.php/258-2f5ff26a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。